都立高校を受験予定の中学生が、英検を受検すべき4つの理由

塾から英検の受検を勧めることもありますが、学校で勧められるケースや保護者の方から勧められたケース、自発的に挑戦したいとなったケースなどもあります。
 
中学生や高校生の皆さんが様々な機会に英検を受けることを勧められるのは、
メリットがたくさんあるからです。
 
今日は、都立高校受験生が英検を受検するメリットについてお話ししましょう。

    都立高校受験生が英検を受験するメリット

    1. 都立高校入試の英語と英検1次試験の出題形式が似ている

     
    都立高校入試の場合、英語は、

    • 大問1:リスニング
    • 大問2:短い会話文読解+メール文読解+英作文
    • 大問3:会話文読解
    • 大問4:長文読解

    となっています。
     
     
    英検1次試験は、例えば英検2級ですと、

    筆記は、

    • 大問1:単語・熟語問題
    • 大問2:長文読解
    • 大問3:長文読解
    • 大問4:英作文
    • +リスニングテスト

    となっています。
     
     
    都立高校入試英語と英検の出題形式が似ているため、
    英検対策をすることが入試対策になっているといえます。
     

      2. 「締め切り効果」で英語の勉強時間が増える

       
      人間は弱い生き物です。
      締め切りがないと頑張れません。
       
      夏休みの宿題やレポート、論文、書類の提出など、
      期日が迫らないとなかなか取り組めないことが多いですよね。
       
      英語の勉強においても、
      何らかの締め切りがあったほうが良いです。
       
      中学生が英語の勉強において、
      「いついつまでに○○を仕上げてね」となるものの1つとして、
      定期テストや学校のワーク提出があります。
       
      これらは学校の教科書に準拠して行われます。
       
      したがって、
      長文読解の問題はほとんどありません。
      単語、英文法、短い会話文がメインとなります。
       
      これでは、
      都立高校入試対策として十分ではありません。
       
       
      もちろん学校の先生のなかには、こういった実情を踏まえて、
      初見の長文読解を中心とした定期テスト問題を作成される先生もいらっしゃいます。
       
      しかし、
      大半の定期テスト問題は、
      学校の教科書を暗記しているか否かで勝負が決まるものになっています。
       
      そういった試験で高得点がとれるようになったとしても、
      初見の英文をたくさん読解し、聴き取り、
      英作文を書かなければならない都立高校入試で高得点がとれるようになるとは限りません。
       
      そこで、
      英検を受検することにして
      「6月2日の英検準2級に合格するぞ!」
      などといった目標を設定したうえで英語を勉強すべきなのです。

      3. 私立併願優遇校選びに有利になるかも

       
      ほとんどの都立高校受験生が、
      都立高校受験のみではなく私立高校も併願します。
       
      高校受験で浪人はしたくないですからね。
      (大学受験でも浪人したくはないですが。)
       
      そしてその多くが「併願優遇」の制度を活用します。
       
      これは、各私立高校が設定した
      「9科で内申点36以上」「5科内申点で18以上」
      などといった内申点の基準を上回る生徒に合格を事実上保証する制度です。
       
      (建前上はあくまで「優遇します」ですが99%以上合格していますので「保証」と表現しました。)
       
      この「併願優遇制度」をフル活用したいとき、
      英検に合格していると選択の幅が広がることがあります。
       
       
      わかりやすくするために、具体例でみてみましょう。
       

      【具体例1】
      「9科で36」を基準とする私立高校、X高校の併願優遇を狙う中3生Aさんのケース

      Aさんは第一志望が都立高校。
      9科内申点は35です。
       
      Aさんは内申点が1足りないため、
      X高校の併願優遇制度を利用することができません。
       
      Aさんは、
      X高校を一般受検するかほかの高校で併願優遇制度を利用するしかありません。
       
      しかし、
      X高校には英検準2級をもっていると内申点に+1してくれる制度がありました。
       
      よって、
      Aさんは「9科内申点35+英検準2級の加点1=内申点36相当」の評価となりX高校を併願優遇で受験することができることになりました。
       
      X高校の合格がほぼ間違いなくなったAさんは、
      第一志望である都立高校の対策に全力を尽くすことができました。
       
      そして、
      そのおかげでVもぎでは第一志望校合格が90%以上とされるS判定を連続してとることができました。
       
      そうしているうちに、
      併願優遇をもらえたX高校の入試の日になりました。
       
      初めての入試に緊張するAさん。
       
      しかし、併願優遇をもらっていることもあり、
      無事にX高校に合格することができました。
       
      人生で初めての「受験合格」に喜ぶAさん。
       
      しかし、
      Aさんは第一志望の都立高校受験を控えています。
       
      勉強の日々が続きます。
       
      そして迎えた本番。
      Aさんは緊張しています。
       
      しかし、こう考えました。
      「もし都立高校受験に失敗してしまっても、私はX高校に行ける。だから落ち着こう。ミスを恐れずに、落ち着いて解こう。」
       
      そして、
      集中して目の前の問題に挑みました。
       
      日頃の努力の成果を発揮することができたのです。
       
      そして、
      およそ1週間後、合格発表の日。
       
      Aさんは第一志望の都立高校に見事合格しました。
       
      もう1つ、別の具体例をみてみましょう。


         

        【具体例2】
        「9科で36」を基準とする私立高校、X高校の併願優遇を狙う中3生Bさんのケース

        Bさんは第一志望が都立高校。
        9科内申点は35です。
         
        Aさんと同じですね。
         
        ということは、
        Bさんも内申点が1足りないため、
        A高校の併願優遇制度を利用することができません。
         
        Bさんは、
        X高校を一般受検するかほかの高校で併願優遇制度を利用するしかありません。
         
        そして、
        BさんはAさんと違い英検をもっていませんでした。
         
        Aさんに加点された「+1点」がBさんにはありませんでした。
         
        そこで、
        BさんはX高校を併願優遇で受験することをあきらめ、
        ほかの私立高校を探すことにしました。
         
        しかし、
        なかなかお気に入りの高校を見つけることができません。
         
        家から遠すぎたり、
        大学受験の実績が芳しくなかったり、
        学校の雰囲気がなんとなく気になったり・・・
         
        そこで、
        X高校を一般受験することにしました。
         
        念のため、
        自宅の近くのY高校を併願優遇で受験したうえで。
         
        Bさんは第一志望の都立高校対策に加え、
        X高校の対策もしなくてはなりません。
         
        都立高校とX高校では試験の傾向が大きく異なります。
         
        X高校では、
        英語において、
        都立高校入試では出題されない文法問題が出題されます。
         
        数学においても、
        都立高校入試では出題されない方程式の文章題が出題されます。
         
        国語に至っては、
        X高校では都立高校入試と違って古文読解が出題されます。
         
        これらの対策にも時間をとられてしまい、
        都立高校入試対策に専念できませんでした。
         
        VもぎではB判定。
         
        合格確率は60%以上という判定です。
         
        そうしているうちに、
        X高校・Y高校の受験日になりました。
         
        そして、
        X高校は残念ながら不合格、
        Y高校は併願優遇の甲斐もあって合格でした。
         
        なんとなく選んだY高校の合格は、
        あまり嬉しくありません。
         
        結果についてあれこれ考えるヒマもなく、
        都立高校入試の日になりました。
         
        Bさんは緊張しています。
         
        そして、
        こう考えてしまいました。
         
        「もし都立高校受験に失敗してしまったら私が行くのはY高校。なんとなく選んだY高校には行きたくない。なんとしても、良い点をとらなきゃ!!」
         
        そして、
        焦ってしまい実力を発揮することができませんでした。
         
        そして、
        およそ1週間後、合格発表の日。
         
        Bさんは第一志望の都立高校に残念ながら不合格でした。
         
        このBさんの具体例は、あくまで一例です。
         
        実際には、
        併願優遇を実施している高校はたくさんありますから、
        お気に入りの高校を探し出すことが可能な場合も多いです。
         
        英検以外にも、
        漢字検定や部活動3年間継続、
        生徒会活動、
        皆勤賞などの加点要素を設定している高校もたくさんあります。
         
        ですから、
        英検に合格していないからといって皆がBさんのようになるわけではありません。
         
        しかし、
        こうなってしまう可能性はあるということです。


           

          4. 大学受験でも有利に!?

           
          都立高校受験生のなかには、
          3年後に大学受験を予定している方も多いのではないでしょうか。
           
          皆さんが高校3年生になる頃には、
          センター試験が廃止されて新しい大学入試制度が始まっています。
           
          そして、
          その制度では英語外部検定の利用が今以上に盛んになっている見通しです。
           
          大学によって基準は異なりますが、
          一定以上のスコアをもっていることで

          • 英語は満点とみなされる
          • 英語は8割の得点をとったとみなされる
          • スコア保持者のみが出願できる入試制度が利用できる

          などのメリットを受けることができます。
           
          そもそも一定以上のスコアがないと出願することができない国公立大学もあります。
           
          現行の英検の級やスコアがそのまま使えない大学も多そうです。
           
          1回の試験で4技能すべてを計測することができない(スピーキングは2次試験のみ)のが主な原因です。
           
          しかし、
          現行の英検対策をしておくことで外部検定の準備をし、
          経験を積むことができます。
           
          以上、英検を受検するメリットを紹介いたしました。
           
          これら4つのメリットを考慮し、
          英検対策を日々の学習に取り入れていきましょう。