3分で覚える[熊本県] – 都立入試・社会(大問3)

    都立高校受験対策として、社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。この記事では熊本県の特徴をみていきましょう。

    自然

    阿蘇山:世界最大級のカルデラ(世界有数のカルデラ)をもつ火山である。

    カルデラ:火山の噴火により地表が陥没してできた地形

    阿蘇山のカルデラの中では、広大な草原を活用して牛や馬の飼育がおこなわれている。

    球磨川:日本三大急流の1つである。

    急流:傾斜が急になっていて、流れが速くなっている川のこと。

    日本三大急流

    ①球磨川(熊本県)

    ②富士川(長野県・山梨県・静岡県)

    ③最上川(山形県)

    第一次産業(農業)

    い草の栽培が盛ん

    日本のい草のおよそ99%は熊本県で生産されている。

    い草:畳(たたみ)の表面やござの原料に使われている。

    畑作が盛ん

    トマトの生産が盛ん:全国第一位です(2018年)

    すいかの生産が盛ん:全国第一位です(2018年)

    第二次産業(工業)

    電子工業が盛ん

    電子工業:主に半導体を生産する工業。

    半導体:電気をよく通す「導電体」と電気を通さない「絶縁体」の中間の性質を持つ物質。

    「半」分だけ電気を「導」電するので、「半導体」。

    携帯電話など様々な電子機器に使われている、非常に重要な部品。

    シリコンを主な原料とする。

    シリコンアイランド:九州の別名。九州で半導体の生産が盛んであることからこの名がついた。

    歴史

    高度経済成長期に水俣病が発生した。

    水俣病:熊本県水俣市の水俣湾で発生した公害。

    チッソ株式会社が排出したメチル水銀が原因。

    その他

    熊本市は政令指定都市に指定されている。

    政令指定都市:
    全国に20市が指定されている。指定するのは内閣。

    「政令」とは、
    内閣が制定する命令のことである(公民分野の知識)

    人口が50万人以上であることが指定されるための条件である。

    政令指定都市に指定されると、都道府県と同等の権限を持つことができる。

    今回は、
    都立高校受験生の皆さんにとって聞きなれないであろう語句が多くあったと思います。

    語句の説明も書いておきましたので、参考にしてください。

    丸暗記でも点はとれますが、語句の意味を理解したほうが覚えやすいと思います。

    いろいろ書きましたが、とりあえず

    「世界最大級のカルデラ」

    を覚えましょう。

    ヒントとして出題される頻度が突出して多いからです。

    まずは各県に1~3個ある、こうした高頻度の項目を暗記することに徹すると

    都立高校入試の成績(模試の偏差値や過去問演習での偏差値)を大きく変えることができます。

    短期間で成績を上げるには効率を追求した勉強をしましょう。