3分で覚える[福岡県] – 都立入試・社会(大問3)

    都立高校受験対策として、

    社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

    この記事では、福岡県の特徴を確認します。



      style="display:block"
      data-ad-client="ca-pub-2008786835588658"
      data-ad-slot="3487596908"
      data-ad-format="auto"
      data-full-width-responsive="true">

      第一次産業(農業)

      • イチゴの生産が盛んです。全国のランキングでは、栃木県に次ぐ二位です。(2017年) 「あまおう」という品種が有名です。
      • あまおう:福岡県で生産されるイチゴの品種。「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字をとって「あまおう」と名付けられました。
      • 南部にある筑後平野では稲作が盛ん。(北海道・新潟・東北各県には劣ります。)
      • 穀倉地帯:稲作が盛んな地域のことです。
      • 南西部の有明海では海苔の養殖が盛ん。
      • 有明海:福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県に囲まれている湾の名称です。福岡県の南西部が有明海に面しています。
      • 小麦の生産が盛ん。全国のランキングでは、北海道に次ぐ二位です。(2016年)



        style="display:block"
        data-ad-client="ca-pub-2008786835588658"
        data-ad-slot="3487596908"
        data-ad-format="auto"
        data-full-width-responsive="true">

        第二次産業(工業)

        昔の工業

        • かつて石炭が多く産出されていた。現在は石炭の生産設備は閉鎖されている。
        • 鉄鋼業が盛んだった。きっかけは八幡製鉄所が建設されたこと。
          鉄鋼業:建物の建設、自動車の製造など幅広い用途に用いられる鉄を生産する工業。
        • 福岡県には、かつて四大工業地帯の一つ「北九州工業地帯」があった。
        • 北九州工業地帯:かつては四大工業地帯の一つであったが、現在はその地位は低下している。

        今の工業

        • 自動車工業が盛ん。トヨタ自動車など大手自動車メーカーの工場がある。
        • 電子工業・精密機械工業:大分県では、空港の周辺で電子工業・精密機械工業が盛んである。
        • 電子工業:テレビ、ラジオ、コンピューターなどの電子機器を製造する工業のこと。
          また、電子機器の部品である半導体やIC(集積回路)の生産も行う。
        • 精密機械工業:時計、医療用機器など精密な作動が求められる機械を製造する工業のこと。
        • 半導体:電気をよく通す「導電体」と電気を通さない「絶縁体」の中間の性質を持つ物質。
          「半」分だけ電気を「導」電するので、「半導体」と呼ばれています。
          携帯電話など様々な電子機器に使われている、非常に重要な部品です。
          シリコンが主な原料です。
        • シリコンアイランド:九州の別名。九州で半導体の生産が盛んであることからこの名がついた。
        • IC(集積回路):様々な電子部品を1つの半導体チップの上にまとめたもの。
          コンピューター、スマートフォン、自動車、家電などほとんどすべての機器に使われている。

          →ICの工場は空港や高速道路の近くに多い。

          その理由:ICを自動車や飛行機で輸送しやすい立地であるため。
          (海の)港の近くに無い理由:ICは小型・軽量の割に高価なため、船で運ばずに飛行機で運んでも採算がとれるから。 

          船で運ぶより飛行機で運ぶほうが輸送量が高いんですね。

          なので、安い商品を飛行機で運ぶと輸送費が高くついて赤字になってしまいます。

          しかし、IC(集積回路)は小さくて高価なので飛行機で運んでもOKなのです。



          style="display:block"
          data-ad-client="ca-pub-2008786835588658"
          data-ad-slot="3487596908"
          data-ad-format="auto"
          data-full-width-responsive="true">

          第三次産業(サービス業)

          • 福岡市は九州地方の地方中枢都市である。
          • 地方中枢都市:それぞれの地方の中心的な都市。中央官庁の出先機関や大企業の支店が集中する。

          北海道地方―札幌市(北海道)

          東北地方―仙台市(宮城県)

          中国地方―広島市(広島県)

          九州地方―福岡市(福岡県)

          があります。関東・中部・近畿は「地方」ではなく「大都市圏」なので地方中枢都市はありません。(それぞれ、東京・名古屋・大阪がありますね。)

          • 中国・韓国からの訪問客が多い=アジア諸国とのつながりが深い=大陸との交流の玄関口・窓口である
            様々な表現がありますので注意が必要です。
          • 福岡空港からは中国・韓国への航空便が多い。



            style="display:block"
            data-ad-client="ca-pub-2008786835588658"
            data-ad-slot="3487596908"
            data-ad-format="auto"
            data-full-width-responsive="true">

            歴史

            • 奈良時代:大宰府という役所が置かれ、中国・朝鮮との外交や防衛を担当した。
            • 防人;奈良時代に九州北部の防衛にあたった兵士のこと。
            • 鎌倉時代:元寇の際、元軍は現在福岡県がある場所に攻めてきた。
            • 室町時代:博多が港町として貿易で栄えた。商人が自治を行った都市として有名である。
            • 日清戦争・日露戦争期:官営の八幡製鉄所が開業した。日本において重工業の産業革命が進展するきっかけとなった。

              なぜ福岡に建てたのか?

              →①福岡で石炭がとれたから ②中国の鉄鉱石を輸入しやすい位置であったから

            以上が福岡県の特徴です。

            第一次産業(農業)に関しては佐賀県との共通点が目立ちますね。

            第二次産業(工業)に関しては大分県との共通点があります。

            また、工業に関してはかつての姿と現在の姿が対比されることが多いのが特徴です。

            八幡製鉄所をはじめとして歴史での出題も多く、47都道府県のうち最も出題されやすい都道府県の1つです。

            多くの特徴がありますが、しっかりと覚えておきましょう。

            重要な特徴を3つ挙げるなら、

            ①八幡製鉄所

            ②自動車工業

            ③アジアとのつながりが深い

            です。

            まずはここから覚えていきましょう。

            以上、『高校受験にでる「福岡県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。



              style="display:block"
              data-ad-client="ca-pub-2008786835588658"
              data-ad-slot="3487596908"
              data-ad-format="auto"
              data-full-width-responsive="true">