3分で覚える[島根県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

    都立高校受験対策として、

    社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

    この記事では、島根県の特徴を確認します。

    気候

    • 冬に降雪が多いのが特徴です。

      →理由:島根県は日本海側にあります。冬は北西からの季節風が吹いています。この風は日本海を越えるときに水分を吸い込みます。湿った風となるのです。そして、日本海沿岸部に到達した際に吸い込んだ水分を地上に降らせます。季節が冬なので、雨ではなく雪として降ります。こうした理由で、冬の日本海側では降雪が多くなります。この事実は、島根県だけでなくお隣の鳥取県や北陸地方の各県、新潟県、山形県、秋田県など日本海沿岸部について当てはまることなので出題されやすいです。必ず覚えておいてください。

    第一次産業(農業)

    • シジミの生産が盛んです。
    • シジミ:貝の一種。アサリと並んで味噌汁の具などでなじみ深い貝である。健康食品として非常に注目されており、特にオルニチンという成分が肝臓に良いとされている。
    • 宍道湖:読みはしんじこ。島根県にある、シジミの養殖が盛んな湖。淡水と海水が混じり合う湖(汽水湖)である。

    歴史

    • 鎌倉時代:承久の乱で鎌倉幕府に敗れた後鳥羽上皇は隠岐諸島へ流罪となりました。隠岐諸島は島根県にある島です。
    • 室町時代(南北朝時代):後醍醐天皇が隠岐諸島へ流罪となった。
    • 安土桃山時代:島根県にある石見銀山で銀がたくさんとれました。石見銀山は世界文化遺産に登録されている。

    その他

    • 島根県は人口が減少しています。過疎が非常に進んでいます。県庁所在地の松江市でも人口が20万人、県全体の人口はおよそ70万人です。ちなみに東京23区は20位の荒川区でも人口が21万人です。23区全体では940万人です。東京に比べて島根県の人口が少ないことが分かるかと思います。
    • 過疎:人口が急激かつ大幅に減少することが原因で住民の生活水準が維持できず、低下している状態のこと。都市への人口移動や少子高齢化によって発生する。鉄道・バスの廃止や学校の廃校、様々な産業の後継者不足が問題となっている。
    • 島根県にはいくつかの島があります。竹島と隠岐諸島が有名です。
    • 竹島:日本と大韓民国との間で領土問題が発生している島。日本・韓国双方が竹島は自国の領土であると主張している。
    • 隠岐諸島:後鳥羽上皇や後醍醐天皇をはじめ、様々な人物が流罪となって流された島として有名である。

    島根県については、

    ①石見銀山

    ②宍道湖のシジミ

    ③人口減少

    がTOP3です。

    出題されやすい項目がハッキリしている都道府県なので対策はしやすいですね。

    この3つは必ず覚えておいてください。

    以上、『高校受験にでる「島根県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。